クレヒスが重要になるクレジットカード審査

クレジットカード審査では、クレヒスが重視されます。
クレジットカード審査に落ちてしまったら、クレヒスがどうなっているかを確認してみましょう。

まず滞納などの履歴があると、クレジットカードは審査落ちしやすくなります。
2か月、3か月以上の滞納の心あたりがあれば、これが審査落ち原因と考えられます。
滞納はクレジットカードだけでなく、キャッシングや携帯電話料金も含まれます。

またクレヒスが真っ白な場合も、クレジットカード審査に落ちやすくなります。
10代、20代前半なら仕方がありませんが、20代後半以上にもなってクレヒスがないのはおかしいと思われるためです。
自己破産をしたためクレヒスがリセットされたのではないか?となり、審査通過できません。
自己破産や債務整理などの経験者は社会的信用がないため、クレジットカード会社では一番嫌います。
同じ過ちを繰り返す可能性は高いですからね。

クレヒスは個人信用情報機関に依頼をすれば、開示することが可能です。
1,000円程度の手数料が必要になりますが、クレジットカードの審査落ちが続くようであれば一度確認してみるのも良いでしょう。
もしかして忘れている滞納などの履歴が残ってるかもしれません。