クレジットカードの審査落ち原因を考える

クレジットカードの審査に落ちてしまったら、その理由を考えてみましょう。
クレジットカードの審査では、様々な項目が影響します。

勤務先、雇用形態、年収、勤続年数、居住形態、家族構成、借入額などがありますが、なかなかすぐに変えることはできない項目も多いです。
クレジットカード審査のために勤務先を変えたり、アルバイトから正社員になったり、賃貸住宅から一軒家に移住といったことは難しいです。
クレジットカード審査に有利にできるような項目がないかを探しましょう。

たとえば勤続年数は、同じ勤務先で働き続ければ長くすることができます。
審査落ちした時点では勤続年数が6ヶ月でも、1年後は1年6か月後にすることができます。
クレジットカード審査では勤続年数が長いほど有利になりますから、1年後に申込みをすれば審査通過する可能性が出てきます。

また借入がある場合は、返済をして借入額を少なくすることはできるはずです。
クレジットカード審査に通過しやすくするには、借入をすべて完済するだけでなく、消費者金融との契約を解除するのが良いでしょう。
そこまでは無理だとしても、なるべく借入額を減らして次のクレジットカード審査に挑むのがおすすめです。